「ガーデン歯科クリニック」が、保険治療と自費治療の違いについてご紹介します

川崎市宮前区の歯医者 ガーデン歯科クリニック
TEL044-888-8485
神奈川県川崎市|診療予約|ガーデン歯科クリニック

保険治療と自費治療

ご存じですか?保険治療と自費治療の違い

歯科治療には大きくわけて、健康保険が適用される「保険治療」と、適用されない「自費治療」という2種類の選択肢があります。保険治療と自費治療にはそれぞれ異なる特徴があるので、川崎市宮前区の歯医者「ガーデン歯科クリニック」では治療法の選択肢をご提示し、患者さんご自身に選択していただくことで納得の治療につなげています。

治療法による違いをしっかりとご説明しますので、ご予算やご要望に沿った治療法をお選びください。当院では充実した設備とドクターの知識や技術を生かし、保険治療の適用範囲内でも、質の高い治療をご提供しています。このページでは保険治療と自費治療の違いをご紹介します。

型採りの違い

保険治療と自費治療では、型採りに用いる素材や方法が異なります。

保険治療による型採り

主に寒天系の印象材(型採りの材料)を用いますが、水分を多く含む素材なので乾燥する過程で収縮し、精度が下がってしまいます。型採りの誤差により補綴物(ほてつぶつ:歯の機能を補う詰めものや被せものなど)と歯肉の間にすき間ができると、そこから虫歯や歯周病の原因となる細菌が侵入し、トラブルを引き起こす恐れがあります。

自費治療による型採り

自費治療では、精度が高く変形が少ないシリコンの印象材や精巧な超硬質石こうといった優れた素材で型採りを行うので、非常に精度の高い補綴物の製作が可能です。すき間ができにくいため、虫歯や歯周病の原因となる細菌が侵入しにくく、歯をよい状態で維持しやすくなります。

また、歯全体の大きさは人によって異なるので、自費治療では必要に応じて患者さん一人ひとりに合わせ、型採り専用のトレイを製作します。また、歯と歯ぐきのすき間に糸を入れる「歯肉圧排(しにくあっぱい)」という処置で、土台との境界を明確にします。

使用できる材料の違い

保険治療では使用する材質が定められており、金属製のいわゆる「銀歯」か、レジン(歯科用プラスチック)しか使えません。前歯であっても金属製のフレームを用い、表面だけを白くした被せもの(硬質レジン前装冠)を使うことになっています。金属は耐久性が高い素材ですが、長期間使用することでイオンが溶け出し、金属アレルギーを引き起こす可能性もあります。

自費治療では、使用できる素材に制限がありません。セラミックスやジルコニアといった審美性や耐久性、適合性に優れた素材の中から、目的やご予算に応じて選ぶことができます。インプラント治療や使用感に優れた入れ歯といった、より高度な治療も自費治療となります。

治療方法の違い

保険治療の場合、お口の中の状態に合わせて治療の方法自体も定められています。そのため特殊な治療法や歯肉や骨の再生をうながす再生療法といった、比較的新しい治療法は行うことができません。

しかし、自費治療なら外科処置や再生療法なども取り入れた治療法を選ぶことが可能です。制約のない高度な治療をお望みの場合は、自費治療をご検討ください。

Copyright © ガーデン歯科クリニック All Rights Reserved.