「ガーデン歯科クリニック」が行っている、痛みの少ない治療への取り組みをご紹介します

川崎市宮前区の歯医者 ガーデン歯科クリニック
TEL044-888-8485
神奈川県川崎市|診療予約|ガーデン歯科クリニック

痛みの少ない治療

「歯科治療は痛いもの」と思っていませんか?

虫歯や歯周病といったお口の中のトラブルは放っておくとどんどん進行してしまうため、早期発見・早期治療がとても大切です。しかし「歯医者は怖い」「歯科治療は痛い」というイメージから歯科医院の受診をためらい、結果的にそれらのトラブルを悪化させてしまう方も少なくありません。腫れて痛みがひどくなってからでは麻酔も効きにくくなり、痛みによる負担も増えてしまいます。

川崎市宮前区の歯医者「ガーデン歯科クリニック」では、患者さんに気軽に通院していただけるよう、痛みの少ない治療のご提供に努めています。まったくの無痛治療の実現は、医療技術的にまだ先のことですが、さまざまな工夫によって、痛みを軽減することは十分に可能です。

麻酔の痛みを抑えるための工夫

麻酔は痛みを軽減することが目的ですが、麻酔注射自体の痛みを負担に感じる方もいらっしゃいます。当院では麻酔の痛みを軽減するため、さまざまな工夫をしています。

表面麻酔

歯ぐきの表面に塗布することで粘膜を麻痺させる、局所表面麻酔を使用します。安全性が高く、麻酔を注入する際の痛みを軽減する効果が期待できます。

カートリッジウォーマー

麻酔液の温度が低く、体温との差が大きいと痛みの原因となります。当院ではカートリッジウォーマーで麻酔液の温度を体温に近づけることで注入時の刺激を和らげ、痛みを軽減しています。

電動麻酔器

麻酔注射を人の手で打つと、注入スピードにどうしてもムラが出てしまい、このムラが痛みの原因となります。当院では麻酔液を注入するスピードをコントロールし、一定の圧力に保つことで痛みを軽減できる電動麻酔器を採用しています。

細い注射針

麻酔の痛みは、注射針の太さにも関係しています。当院では「33G」という非常に細い注射針を採用し、できるだけ痛みを感じにくい工夫をしています。

体に優しく痛みの少ない炭酸ガスレーザー

歯科治療では、さまざまな種類のレーザー治療器を用いますが、当院では歯周病や初期虫歯の処置などに、「炭酸ガスレーザー」を採用しています。レーザー治療器は痛みや腫れを軽減し、患部の早期治癒をうながします。

歯ぐきにレーザーを照射すると、細菌の定着や歯肉の炎症が抑えられ、切開することなく歯周ポケット内を殺菌することも可能です。その一方で腫れた部位を切開するためのレーザーメスとして使うこともでき、歯の表面に照射すれば硝子化(しょうしか)をうながして歯質を強化し、虫歯の予防にも貢献します。

このようにレーザーにはさまざまな効果がありますが、レーザーの種類によっては患部の周囲の組織まで熱による影響を受けてしまうケースがあります。しかし炭酸ガスレーザーには、99%以上が水分に吸収される性質があり、痛みのある部分(炎症を起こしている部分)には水分が多いため、炭酸ガスレーザーを使えば炎症部分以外に影響を及ぼす可能性がほとんどありません。

妊娠中の方や心臓疾患でワーファリン(血液を固まりにくくする血栓症(けっせんしょう)などの予防薬)などを服用している方、人工透析中の方、高血圧の方などでも、安心して治療を受けていただけます。

レーザーを使用した治療方法

レーザーは患部にピンポイントに照射して使用しますが、あえて焦点をずらし、一定の範囲内を照射するという使い方もあります。このように照射された部位は40℃ぐらいの熱を発し、10日間ほどはその状態が続きます。他の場所より高温の状態が続くと、患部が感染しにくくなり、血行も促進されるので、細胞が活性化して炎症が治癒しやすくなるのです。

Copyright © ガーデン歯科クリニック All Rights Reserved.